コラム Column

外壁塗装をしないとどうなる?リスクと塗装のタイミングについて解説


外壁塗装をしないとどうなる?リスクと塗装のタイミングについて解説外壁塗装は高額なため「外壁塗装は本当に必要あるのだろうか」「外壁塗装をしないで放置するとどうなるのだろうか」などの疑問が浮かぶ方もいらっしゃるでしょう。

外壁塗装のメンテナンスをしないと劣化が進み、結果的には大掛かりな改善工事が必要となってしまいます。

そこで今回は、外壁塗装のメンテナンスをしない場合に起こり得るリスクと、塗装のタイミングについてご説明します。

外壁塗装をしないと起こるリスクと塗装のタイミングとは?

外壁塗装をしないまま放置していると、家の美観が損なわれるだけでなく、雨漏りやシロアリ発生などの原因にも繋がります。

それでは、塗装のタイミングは見た目にはどのようなサインが現れた場合に、外壁塗装をおこなえばよいのでしょうか。

ここでは、外壁塗装をしないとどうなるのか、塗装のタイミングや見た目のサインについてご説明します。

外壁塗装をしないとどうなる?リスクについて外壁塗装をしないとどうなる?リスクについて

外壁塗装をしないと、大切な家にさまざまなリスクが伴います。

外壁塗装をしないとどうなるのかを以下にご紹介します。

家の美観が損なわれる

外壁塗装をしないと、家の顔でもある外壁がボロボロになり、家全体の見た目が損なわれてしまいます。

新築時にはきれいな外壁であったとしても、年数が経ち劣化が進むと、色褪せてきます。

さらに、塗装が剥がれてきてしまったりヒビ割れが起きてしまったり、見た目にも大きな変化がでてくる可能性が高いです。

このように、家の見た目が悪くなるとご近所さんからの目も気になり、気分も落ち込んでしまうでしょう。

雨漏りが起きる

外壁塗装をしないまま放置すると、雨漏りが起こる恐れがあります。

塗装によって、家全体は雨風や紫外線から守られています。

しかし、経年劣化によって塗装が剥がれてくると、雨水が染み込んできやすくなってしまうのです。

雨漏りは、次第に建物内部の柱や土台を腐らせていき、建物全体の劣化を進めていきます。

建物の劣化が進むと、耐震性も損なわれてしまいます。

大きな地震が起きた場合には、命の危険に晒されてしまうことが考えられます。

シロアリが発生する

雨漏りが起きてしまうと、二次被害としてシロアリが発生する可能性がでてきます。

なぜならばシロアリはとくに水分を含んだ木材を好むため、雨漏りによってシロアリを呼び寄せてしまうのです。

シロアリは、建物内部の木材を食い荒らしてしまいます。

そして食い荒らされた部分が空洞となり、建物の耐震性が怠ります。

結果的に大規模なリフォームが必要となってしまうのです。

外壁塗装をおこなうタイミングと劣化のサイン外壁塗装をおこなうタイミングと劣化のサイン

外壁塗装をおこなうタイミングは、約10年といわれています。

しかし見た目にどのような変化が見られた場合に塗装するべきなのでしょうか。

外壁塗装をおこなうべきおもな劣化のサインを以下にご紹介します。

チョーキング

外壁塗装をおこなうべきサインの一つにチョーキングが挙げられます。

チョーキングとは、外壁を手で触ると、粉状のものが付着してくることです。

チョーキングは、外壁塗装の経年劣化によって生じる症状であり、防水効果が失われてしまいます。

周辺環境や塗料により異なりますが、一般的には外壁塗装をおこなうタイミングである10年ほどで発生するといわれています。

チョーキングの症状が見られた場合には外壁塗装を検討しましょう。

コケやカビの発生

外壁にコケやカビが発生するのが見られたら、外壁塗装をおこなうべきサインです。

外壁塗装の劣化が進み防水効果が失われていくと、外壁にコケやカビが発生する場合があります。

コケやカビが発生する原因は、外壁に水分が多く含まれているからです。

とくに日当たりが悪い部分にコケやカビが生えやすく、家の美観も損なわれてしまいます。

コケやカビなどの汚れは、高圧洗浄機などで一時的に洗浄しても、再びコケやカビは発生してきやすいため、定期的な外壁塗装がおすすめです。

ひび割れ

外壁にひび割れが起きてしまった場合も、外壁塗装をおこなうべきサインです。

経年劣化や耐久性が失われたことが原因で、外壁にひび割れが起きてしまうのです。

ひび割れが下地にまで達している場合には、雨水が建物の内部に侵入する恐れがあります。

雨水が建物内部に侵入すると、雨漏りやシロアリの発生にまで被害が広がります。

外壁にひび割れが見られた場合には、早めに外壁塗装を検討しましょう。

コーキング材の劣化

サイディング外壁に使用されているコーキング材に剥がれやひび割れが生じた場合も、外壁塗装をおこなうべきサインです。

コーキング材とは、サイディング外壁のボードとボードをつなげるための目地に埋めて使用されているゴムのような素材のものです。

目地に使用されているコーキング材が、劣化によって切れ目が入ったりひびが入ったりすると、そこから雨水の侵入する恐れがあります。

雨水の侵入は、雨漏れやシロアリの発生にも繋がるため、コーキング材の劣化が見られないかもチェックしましょう。

大阪での外壁塗装の依頼はコーホーペイントへ!

今回は、外壁塗装をしないと起こるリスクと、塗装のタイミングや劣化のサインについてご紹介しました。

外壁塗装をしないと以下のようなリスクが起こります。

  • 家の美観が損なわれる
  • 雨漏りが起きる
  • シロアリが発生する

また、塗装のタイミングは10年に1度が目安ですが、見た目の劣化のサインは以下のとおりです。

  • チョーキング
  • コケやカビの発生
  • ひび割れ
  • コーキング材の劣化

外壁塗装をしないで劣化が進むと、修繕工事に多額の費用がかかってしまうため、定期的なメンテナンスが必要です。

弊社コーホーペイントには実際に外壁塗装をされたお客様からの喜びの声をたくさんいただいております。

お客様の声|コーホーペイント

大阪で外壁塗装の依頼をするならぜひコーホーペイントへお任せください。

お問合せ|コーホーペイント


無料見積はこちらから
×
お問い合わせはこちら