コラム Column

【大阪のプロが解説!】屋根塗装でチョーキングが起こったらどうする?


【大阪のプロが解説!】屋根塗装でチョーキングが起こったらどうする?

大阪在住の方で、屋根塗装にチョーキング現象が発生している方はいらっしゃいませんか。

建物の壁をふいに触った時に、チョークのような白い粉がついてしまうことがありますよね。

このような現象をチョーキング現象と言い、建物や屋根塗装が劣化しているというサインの1つです。

この現象が起きると、外観を損ねるだけでなく、建物や屋根塗装の耐久性にも大きな影響を及ぼします。

今回は、大阪で屋根塗装のチョーキングが起きる原因と、その対策についてご紹介します。

大阪の屋根塗装にチョーキングが起きる理由

チョーキング現象は、「白亜化現象」とも呼ばれ、屋根塗装の塗料の中の合成樹脂が分解されて、顔料がチョークのような粉状になって表面に現れる現象です。

屋根塗装には、雨風などの自然による劣化から建物自体を保護する役割があり、この現象が起きるということは、本来の保護機能が落ちてきているという目安にもなります。

それでは、大阪の屋根塗装でこの現象が起きる理由について、大きく2つに分けて紹介していきます。

理由1:建物や屋根塗装の経年劣化

トンカチと釘

最も大きな理由は、建物や屋根塗装自体の経年劣化によるものです。

大阪の建物の屋根塗装は、紫外線や熱、雨、風、雪、周辺の排気ガスなど、自然や周辺環境によるダメージを毎日受けています。

屋根塗装の塗料がチョークのような粉状になってしまうのは、このような自然によるダメージで、塗料の中の合成樹脂が徐々に分解されてしまうことが原因の1つです。

特に、紫外線による影響が大きく、屋根はもちろん、日当たりの良い南側の外壁や、2階以上の西日の当たる壁は、劣化が起きやすいため注意しておきましょう。

理由2:屋根塗装会社の施工不良

悩んでいる外壁塗装業者

信じがたいですが、大阪で屋根塗装をする際に、施工依頼した塗装会社の施工不良が原因で起きる場合もあります。

大阪で屋根塗装をする際に、手順ややり方が間違っていたり、屋根塗装の塗料がしっかり混ぜられていなかったり、工期短縮のために適切な処理を省いてしまったりなど、施工不良の原因は様々です。

大阪で屋根塗装を考えられている方々、塗装会社選びは慎重に行いましょう。

チョーキング現象の確認方法

チョーキング現象が起きているかどうか確認するには、大きく2つの方法があります。

1つ目は、手で触って、チョークのような粉が手に付着するかどうかを確認する方法です。

触った時にうっすらと粉が手に付く程度であれば、屋根塗装の再塗装を検討し始めた方が良い段階、しっかりと粉が手に付く場合は、劣化がかなり進んでいる状態なため、できるだけ早めに屋根塗装の再塗装をした方が良い段階といえます。

2つ目は、水で濡らした際に、変色するかどうかを見るという方法です。

屋根塗装が劣化すると、雨水等で塗れた際に、塗装の色が本来とは違う色に変色します。

これは、屋根塗装の防水効果が低下し、雨水等をはじくことができずに、吸収し始めている状態です。

この状態のまま放置してしまうと、建物自体の劣化が早まる原因となるため、早めに再塗装をして対策を取りましょう。

屋根塗装をそのまま放置するとどうなる?

劣化した天井

屋根塗装の劣化をそのまま放置すると、建物に様々な悪影響を及ぼします。

  • 建物の外観が悪くなる
  • 雨水や雪によってコケやカビが発生する
  • 屋根塗装にひび割れが起きる
  • 屋根塗装の防水効果が低下し、雨漏りの原因になる
  • シロアリなどの害虫が発生しやすくなる

建物の外観や耐久性を長持ちさせるためにも、早めに屋根塗装の塗りなおしをするようにしましょう。

大阪で屋根塗装にチョーキング現象が起きたときの対策

チョーキング現象が起きたときは、屋根塗装が劣化したというサインであるため、屋根塗装を再び塗りなおしをするしか対策がありません。

塗りなおしをする際には、必ず守らなければならない適切な手順があります。

以下の通りです。

  1. 屋根塗装の表面の粉を高圧洗浄機で完全に洗い流す
  2. 屋根塗装の下塗りを行う
  3. 最後に上塗りをして屋根塗装を乾燥させる

表面の粉を完全に取り除いてから屋根塗装をしなければ、再塗装したとしても、塗料が密着せず、施工不良になってしまう可能性があります。

また、下塗りをすることで、上塗りする塗料の密着度を高めることができます。

屋根塗装は、再塗装とはいえ安い金額ではありません。

大阪で屋根塗装の再塗装をする際には、施工不良を起こさないような塗装会社選びも重要です。

大阪の屋根塗装でチョーキングが起きた際は信頼できる塗装業者へ!

大阪の建物の屋根塗装で、チョーキング現象が起きる主な原因は、自然や周辺の環境による経年劣化によるものが大きいですが、まれに塗装会社の施工不良で起きる場合もあります。

まずは、今回の記事を参考に、屋根塗装の状態をチェックしてみましょう。

弊社コーホーペイントでは、技術力のある職人が最後まで責任をもって屋根塗装を仕上げます。

大阪にお住まいで、屋根塗装のチョーキング現象に悩まれている方は、ぜひ一度コーホーペイントまでお問い合わせください。

コーホーペイント | お問い合わせ

「もっと大阪の塗装について知りたい!」という方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。

【大阪での業者選び】外壁塗装業者の口コミを見るときのポイント4選


無料見積はこちらから
×
お問い合わせはこちら