コラム Column

大阪府民必見!外壁塗装を行うのに適切なタイミングとは?

大阪府民必見!外壁塗装の適切なタイミングとは

大阪に長年住んでいる方の中には、外壁塗装の色落ちや塗装剥がれが気になってきたという方もいることでしょう。

ただし、外壁塗装はそう頻繁に行うものでもないため、どのタイミングで依頼すると良いのかと悩んでいる方も少なくないはずです。

今回の記事では、外壁塗装に適切なタイミングについて解説していきますので、大阪のご自宅で外壁に気になる症状が出てきたという方はぜひ参考にしてください。

大阪での外壁塗装に適切なタイミングは塗料次第で変わる?よく使われる塗料の種類とは

外壁塗装は10年の間隔を目安として行うことが望ましいとされていますが、塗料次第では、適切な期間が5年間隔であったり20年間隔であったりと大きく変わってきます。

そのため大阪での外壁塗装に適切なタイミングを図るためには、どのような塗料を使っているのかを知っておくことがポイントです。

まずは、塗料ごとの耐久性の違いと大阪でよく使われる塗料の種類について解説していきます。

【種類別】外壁塗装用塗料の耐久性について

外壁

外壁塗装用の塗料には、「アクリル系」「ウレタン系」「シリコン系」「フッ素系」「GAINA」などの塗料があります。

アクリル・ウレタン系

アクリル系とウレタン系は、安価ではありますが耐久性が低いのが特徴の塗料になります。

目安の期間としては、アクリル系で5年前後、ウレタン系で7年前後となっています。

他の塗料と比べると見劣りしてしまうため、大阪で外壁塗装に使用されることは多くありません。

シリコン系

シリコン系は、比較的安価10年程度の耐久性があるという理由から、大阪での外壁塗装にもよく使用されています。

塗料全体のシェアの約7割をシリコン系が占めているため、大阪にお住まいの方で特に塗料を気にしたことがないという方も、外壁にはシリコン系の塗料が使用されていると考えて良いでしょう。

フッ素系

フッ素系は、高価ではあるものの非常に耐久性が高い塗料です。

塗料全体のシェアとしては低めですが、20年効果が持つこともあるため、大阪に長く住み続けるという方に人気があります。

大阪の外壁塗装業者であるコーホーペイントでは、耐久性No.1塗料であるフッ素系の改良版「フッ素1」も取り扱っていますので、耐久性を第一に考えて外壁塗装がしたいという大阪府民の方は、ぜひご相談ください。

GAINA

GAINAは、宇宙ロケットの開発から生み出された最先端塗料で、コーホーペイントでも人気の高い塗料となります。

その理由としては、耐用年数が15〜20年程度あることに加え、遮熱・断熱効果遮音・防音効果空気清浄効果があるなど、優れた効果を多く持つ塗料であるためです。

大阪で外壁塗装を検討している方は、ぜひGAINA塗装を検討してみてください。

GAINA塗装について詳しくはこちら

大阪の住宅で外壁塗装をすべきタイミングについて

カレンダーと砂時計

上述してきたように、どの塗料を使用しているかによって外壁塗装の間隔を予想することは可能です。

ここからは、より詳細に外壁塗装を行うべきタイミングがいつなのかを、外壁に現れる症状を挙げながら解説していきます。

クラック

外壁にひび割れが発生することをクラックと言います。

クラックは外壁塗装をするべきタイミングとして分かりやすい症状の一つです。

外壁塗装が機能していないことを表す症状でもあるので、クラックが起きていれば早急に外壁塗装をするようにしてください。

塗装剥がれ、膨れ

二つ目に挙げるタイミングとしては、塗装剥がれや塗装膨れの現象が挙げられます。

これも外壁塗装の機能が失われていることを表しており、放置しておくと雨漏れなどの問題にも発展しますので、発見し次第、早急に塗り直したいです。

シーリングの劣化

シーリングとは、外壁同士のつなぎ目を埋めるためのもので、劣化することによって亀裂が生じることがあります。

シーリングの亀裂によって、外壁のつなぎ目に隙間があると雨水が侵入することを防ぐことができません。

そのため、シーリングの劣化も外壁塗装を行うべきタイミングの一つと言えます。

チョーキング

チョーキングは外壁を触ると白い粉が付着するという現象で、外壁塗装が劣化することで生じます。

先に取り上げた3つほど緊急性はありませんが、チョーキングはクラックなどの原因となりますので、発見すればすぐに外壁塗装を検討したほうが良いです。

大阪での外壁塗装に適切なタイミングは使う塗料によって異なる!

おおよそ10年の周期が塗り直しの目安となりますが、大阪での外壁塗装に適切なタイミングは使う塗料によって異なります。

この記事で紹介したように、フッ素系やGAINAを使った塗装であれば、一般的な目安の2倍近い20年近くの効果が続く可能性もあります。

ただし、適切なタイミングで外壁塗装を行わなければ、雨漏れが発生するなどかえって住宅の寿命を縮めてしまうことにも繋がるため注意してください。

そのため、大阪で外壁塗装を考えておられる方は、この記事で紹介した症状を参考にして、適切なタイミングで外壁塗装を行えるように意識しましょう。

こちらの記事では、外壁塗装を行うメリットとデメリットについて紹介していますので、まだ外壁塗装をするか迷われているという大阪府民の方は併せて参考にしてみてください。

大阪で外壁塗装をお考えの方必見!塗装のメリットとデメリットとは

資料請求・ご相談はこちら